井伊直孝産湯の井戸

ido

NHK大河ドラマは女城主直虎から西郷どんにバトンタッチされましたが…。

焼津市は直虎の系図上の孫にあたる直孝が生まれた所だそうです。この方はいわゆる嫡子ではなく、父の直政が東海道岡部宿に泊まった時に世話をした焼津の農家の娘さんが生んだ子だそうです。母は中里小町と言われた美女だったそうです。それだけならば落し種伝説で終わっていたところが、井伊家の嫡男が体が弱かったために、家康公直々の指図で直孝が父の後を継ぐことになったそうです。

言い伝えそのものは以前からありましたが、昨年の直虎さんブームにあやかって何時の間にか立派な看板までたっていました。

広告

カルタ取り

DSC04472○

お正月にカルタ取りをしましたか?

小さな子供達ですが、使っているカルタは俳句カルタです。言葉は難しくても17文字と短いしリズムが良いので子供達は結構覚えてしまいます。

教えて下さる方が毎年お正月にふさわしく冬季の部分を使っていますが、他にはどんな句が入っているのかちょっと気になります。

小豆粥

20180111_075824○

今日は鏡開きですね。しばらくぶりで小豆を煮て小豆粥を作ってみました。鏡餅はカチカチで歯がたたないので、普通のお餅を入れました。

七草がゆ

DSC04447○

実は今年は8草です。お正月前に買って残ってしまった三つ葉を大量投入。

明けましておめでとうございます

DSC04329○

陽射したっぷりの穏やかなお正月となりました。

今年が皆様にとって良い思い出の残る年となりますように♪

写真は12月に撮ってきた島田市大代の藁の犬です。

お晦日

20171231_185241○

年越しそばも食べ終わり、今年も残り数時間となりました。毎年変わらないメニューですね。今年はTANUKIの打った蕎麦ではなく買ったお蕎麦です。

今年も1年間ありがとうございました。皆様良い年をお迎えください。

 

のし餅

DSC04390○

餅つきは機械ですが、のすのは人手です。この子はとても上手にのしてくれました。

大昔は請負で30日は1日餅屋さんをしていましたが、今年は兄弟3軒の親族分と友人・知人にお裾分け分程度で午後早くに終わります。「手伝うよ」と言ってお餅をもらってお昼までご馳走になってくるこちらは楽ですが、道具を準備して粉だらけになった部屋の後片づけまでする本家は大変です。